効果大の攻略法「2in1法」をユースカジノのバカラで初実践!やり方と注意点をまとめてみた

バカラ

ユースカジノで効果のある攻略法は様々ありますが、その中でも是非ともおすすめしたいのが「2in1法」です。

あまりオンラインカジノに詳しくない人の中には「2in1法?なにそれ?」と初めて名前を聞いた人も多くいらっしゃるかと思います。
しかし2in1法は、世界的にも非常に有名な攻略法であり、その有効性は広く証明されています。

2in1法を駆使することで、ユースカジノの勝率が飛躍的に高まります。
そこで今回の記事では、ユースカジノのバカラで2in1法を初実践してみましたので、その検証結果をご報告していきます。

また2in1法のやり方や注意点も解説していきますので、ユースカジノで勝率を上げたい方の参考になれば嬉しいです。

2in1法とは


2in1法とは、2連敗した時でも1回的中することで損失分の回収が可能な攻略法で、ルーレットやバカラなどの勝率約50%のゲームに有効です。

攻略法には「大きく勝つ」「損失を回収しつつコツコツと勝つ」の2種類があり、2in1法は後者となります。
つまり短時間で大量獲得を狙っているプレイヤーには不向きです。

しかし2in1法の効果は世界中で証明されており、ラスベガスやマカオなどの本場ランドカジノでも使われ、安定した利益の確保に成功しているプレイヤーが数多くいます。

「最終的に負けていなければOK1」という方におすすめしたいのが、この2in1法なのです。

2in1法のやり方

2in1法のやり方は少々複雑ですので、予めメモを用意した上で実践されることをおすすめします。

そしてユースカジノに導入されている「勝率約50%で配当が約2倍」のゲームの中からを2in1法を実践するゲームを選んでください。
ルーレットの赤黒や偶数奇数、バカラ、ブラックジャックなどです。

2in1法を実践するゲームが決まったら、次は最初にベットする金額を決めますが、ここではわかりやすいように1ドルに設定し解説していきます。
ここで注意点として、2in1法は負けている状態から使う攻略法ですので、2連敗して3ゲーム目に入る時が実践スタートのタイミングです。

2連敗したら、紙に「1、1」と記録してください。

次に両端を足した金額を3ゲーム目にベットします。この場合、1と1ですので合計2ドルとなります。
この段階で的中した場合には4ドルの払い戻しとなり回収完了で、また2連敗するまで同額をベットし続けてください。

もし3ゲーム目も負けた時には、一番左端にベットした金額を付け足します。

4ゲームも両端を足しますのでベット金額は3ドルとなり、勝った時には両端を消し、5ゲーム目には残った1ドルをベットしてください。
再び負けてしまった場合には、一番左端に3ドルと記録します。

5ゲーム目で見事的中した場合には両端を消し、1と2を足した3ドルをベットします。

このように、2連敗した時に2in1法を実践することで損失を回収しつつ、コツコツと利益を出せます。

以上が2in1法のやり方ですが、ご理解いただけましたでしょうか?
見た目的に複雑そうに感じるかもしれませんが、試してみれば決して難しくなく、初めて2in1法を実践される方でも全く問題なく進めていけます。

2in1法の注意点


2in1法は低リスクでユースカジノの勝率アップに繋がる効果的な攻略法ですが、決して必勝法ではありません。
どれだけ正しく2in1法を実践しても、時には損失が発生するものです。

だからこそ2in1法を実践する時には、下記2つの注意点を忘れず、少しでも2in1法の効果を高めるようにしましょう。

損切りのマイルールを決める

2in1法でしたら損失の回収に有効ですが、展開が悪ければ連敗が続き、損失をさらに大きくしてしまう恐れがあります。

あまりにも損失が大きくなり過ぎてしまうと、2in1法でも回収が難しくなります。
回収に詰んでしまう前に、損切りのマイルールを決めておきましょう。

人によって資金が異なるため、いくらで損切りすると具体的には言えませんが、例えば「ベット金額が10ドルを超えたら損切り」「総ベット金額が30ドルを超えたら損切り」のような形です。
そして一度決めたマイルールを覆すこと無く厳守するメンタルコントロールを持ちましょう。

過度に利益を求めない

2in1法は大きな利益を求める攻略法ではありません。
あくまでも損失回収が主な目的のため、過度に利益を求め過ぎてはいけません。

そのため、「いくら勝ったら勝ち逃げする」という自分なりの勝ち逃げ金額を決めておくことをおすすめします。2in1法の特性上、そこまで大きな利益は見込めませんので、勝ち逃げ金額は低めに設定しておくと良いでしょう。

利益を求めるのでしたら、パーレー法を使ってみると良いかもしれません。

2in1法を実際に試してみた【体験談】


ユースカジノのバカラで、実際に2in1法を試してみました。
結果は下記の通りです。(2連敗後で2ドル負けている状態から開始)

ゲーム数 メモ ベット金額 結果 総収支
1 1,1 2ドル 負け -4ドル
2 1,1,2 3ドル 負け -7ドル
3 1,1,2,3 4ドル 勝ち -3ドル
4 1,2 3ドル 負け -6ドル
5 1,2,3 4ドル 負け -10ドル
6 1,2,3,4 5ドル 勝ち -5ドル
7 2,3 5ドル 勝ち 0
8 無し 1ドル 勝ち +1ドル

2連敗してから2in1法を始めてみたものの、さらに連敗を重ね、結局は4連敗…
しかし3ゲーム目のバンカーで見事的中!-7ドルまで膨らんでいた損失を-3ドルにまで戻すことができました。

一安心していたのもつかの間、そこから再びの2連敗を食らい、ついに-10ドルです。まだまだ取り返せる範囲内ではありますが、少々心配になります。

-15ドルになるか?それとも-5ドルにまで戻せるかの6ゲーム目!ベットしたのはバンカーです。
プレイヤーナチュラル8…もうダメかと覚悟を決めた矢先、なんとバンカーがナチュラル9!これぞミラクルです。

ナチュラル9で-5ドルまで回収したところで、そこから3連勝。8ゲーム目に+1ドルとプラス領域に達したところで2in1法終了です。
本当は数字が全て消えた7ゲーム目で止めるべきだったのですが、ちょっと調子に乗ってしまいました。結果良ければ全て良しです。
(2in1法は数字が無くなった時点で終了)

損失分の回収まで7ゲームかかってしまいましたが、毎ゲームのベット金額はそこまで大きくなりません。低いリスクでコツコツと回収できる2in1法は、まさに損失回収に最適な攻略法のようです。
今後も損失回収時には積極的に使っていきたいと思います。

2in1法まとめ


今回は、効果大の攻略法「2in1法」をユースカジノのバカラで初実践した結果と、2in1法のやり方と注意点をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

マーチンゲール法ダランベール法などと比べて多少複雑さこそありますが、慣れてしまえばとっても簡単です。

本場ランドカジノではメモを取っていると注意されたり、場合によっては出入り禁止処分を課せられるケースもありますが、ユースカジノはオンラインカジノです。
堂々とメモを取りながら2in1法を実践することができます。

注意したいのは2in1法は必勝法ではなく攻略法ですので、当然損失を出してしまうケースもあります。大切なのは勝ち逃げタイミングと損切りする勇気です。
勝ち逃げと損切りタイミングを決めたら、それを忠実に守るようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました